• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介低騒音・低振動解体工事 > ダイヤモンドコア

ダイヤモンドコア工事

構造物のコンクリート部位に、用途に応じた穿孔や貫通、切断作業をおこないます

ダイヤモンドコアによるコンクリートの穿孔や貫通、切断作業は、耐震補強や解体工事をはじめとする各施工や、中性化および圧縮強度試験などにおいて欠かすことのできない工法です。現場に合わせてコア・ビット(穿孔刃)のサイズやドリル機種を選定することで、施工条件に適した作業がおこなえるのも特徴の一つです。

適用工事例と特徴

  • 設備配管工事における壁や床の貫通工事
  • 電気配線やスリーブなどを通すための貫通工事
  • アンカー打設工事における削孔作業
  • 解体や改修における切断や撤去の工事
  • 騒音や振動などに制約のある現場での穿孔や削孔作業

騒音や振動を抑えた作業が可能で、削孔径や深さはコア・ビットの変更で任意の穿孔および削孔ができます。オプションパーツも豊富にラインナップがあることから、あらゆる条件に対応する工法です。

施工例

バイパス防護柵工事

耐震補強工事

高架橋上部工事

スリット用コア穿孔

連続コア削孔例

テストピース採取

真空吸着パッド

コア・ドリルの設置は、通常では金属系アンカーを1本打設しておこないます。しかし、現場条件や仕上げ面、ヒューム管などの厚さの薄いコンクリートが対象の場合は、固定用のアンカーを打設せずに固定をすることができます。

ノーアンカーベース

アスファルトなどのテストピースの採取や、ガードレール支柱設置用のガイドホール穿孔など、アンカーによる固定が困難な場合に使用します。

お電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ