• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介各種施工耐震補強・補修 > 橋りょう耐震補強

橋りょう・建築耐震補強


橋りょうの耐震化に、あと施工アンカー工事で貢献しています

橋りょうの耐震補強工事では、落橋防止システムの設置や橋脚の増厚補強などが行われます。躯体に耐震および制震性能を確保するために設置する、橋桁の落下 防止や変位を制限する装置などの取り付けに際し、鉄筋探査や、あと施工アンカー工事、あと施工アンカーの引張強度試験などをおこなっています。

落橋防止

近年では、橋桁や床板などの上部工と、橋脚などの下部工が別構造となっていない、上下部一体構造の橋りょうも登場していますが、耐震にかかる一部が改訂され発刊された、平成8年度の道路橋示方書以前の基準に則した設計および建設がされた橋りょうは、現在の耐震基準に準拠する必要があります。対象躯体によって必要に応じた施策となりますが、落橋防止システムは、上下部の各構造をつなぐ落橋防止ケーブル(チェーン)と、下部橋台部もしくは橋台部にあたる桁端部に 設置する変位制限装置で、橋桁の落下や極端な“ずれ”を防止するものです。また、制震性を備える機能を持つ支承や伸縮装置への取り替え設置もその一部です。これらは、落橋による第三者被害の発生を未然に防ぎ、同時に災害時における非難路や輸送路の確保を目的とし、また災害発生以降も、小規模な補修補強で躯体を長期運用できるよう、重要な対策となります。当社では主に、落橋防止ケーブル(チェーン)の設置台座となるブラケットや、同変位制限装置の設置を実施しています。

施工風景

ダイヤモンド工法

ブラケット設置

チッピング

落橋防止装置

落橋防止装置は、既設構造物がレベル2地震動(50㎝/c※以上規模の地震波)に相当する揺れに対応するよう設置を する、耐震および制震装置を指します。経済性の観点からライフサイクルコストを考慮し、既設橋りょうに特定の装置を設置することで平成8年度版の道路橋示方書に準拠する耐震性能を確保します。平成17年度から同19年度には、緊急輸送路上に位置する橋りょうに順次、落橋防 止装置の設置と橋脚補強が施され、その後も、自治体などの管理者によって、各路線上の既設橋りょうへの落橋防止装置の設置が推し進められてきました。当社 においても、落橋防止ケーブル(チェーン)などの設置に携わり、橋脚や橋げたにブラケット(支持具)を設置してきました。設置に際しては既設の躯体 に、あと施工アンカーを打設することから、事前に配筋状態を確認する鉄筋探査から実施し、ブラケットの定着までをおこなっています。

※カイン:構造物が1秒間に変位した数値(㎝)を指す

施工風景

ブラケット

ブラケット設置

施工後外観

関連リンク

お電話でのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせはこちら

このページの先頭へ