• トラストについて
  • 事業紹介
  • 製品紹介
  • アンカーツール
  • 実績
  • 会社案内

TOP事業紹介各種施工各種補修 > マグネライン

マグネライン

コンクリート欠損部や鉄筋露出部に使用される 多機能で特殊な機能を有し、補強効果を併せ持つ補修材です

マグネラインは、無機質主材のマグネコンパウンドと、複合高分子エマルジョンのマグネエマルジョンを配合して使用する、多機能特殊ポリマーセメントモ ルタルです。ワーカビリティに優れた性質を持ち、エマルジョンとコンパウンドとの配合比を変えることで幅広い施工方法が選択できます。

特徴・特性

コンクリートとの付着力に優れ、長期間性能を維持するほか、効果収縮性が小さく、ひび割れ(クラック)が発生することがありません。また、他工法を併用し、コンクリート片の剥落による第三者被害を防止します。

工法

マグネラインは鉄とコンクリートの挙動に追従する性質を有するため、中間接着剤として塗布するだけで、新旧コンクリートの完全な一体化が可能になります。

マグネラインを塗布することで、コンクリートを塩害、凍結融解、中性化などから保護します。促進耐候性試験をはじめとする各試験で、同材の強い防食性能が確認されています。

PP工法は、従来のRC(鉄筋コンクリート)巻立て工法では施工ができない建築限界や、河川内の河積阻害が問題となる箇所で真価を発揮する橋脚耐震補強工法です。RC(鉄筋コンクリート)の補強理論に基づき、橋脚の正負交番載荷試験で補強効果を実証しています。

PSR工法は、補強用の鉄筋をRC(鉄筋コンクリート)床板の下面に取り付けた後、マグネラインで既設の床版と完全に一体化させる工法です。弾性的でフレキシブルな構造体の形成により、曲げおよびせん断に対する補強効果が同時に得られ、マグネラインの防食効果により耐久性も向上します。

特殊ポリマーセメントモルタル(マグネライン)を使用した補強工法で、既存のRC(鉄筋コンクリート)造、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造建築物のせん断強度とじん性能を向上させて耐震強度を増大させる工法です。

PW工法は、水路内面にコンクリート保護材(マグネラインタイプI)を吹付け、断面修復保護材(モルベストモルタル)をコテ塗りすることにより、既設コンクリートと保護材が一体となり、劣化した水路構造物を修復するとともに長期間にわたり保護します。

PT工法は、橋梁床版の補強工法(PSR工法)や、橋脚の耐震補強工法(PP工法)で培ったノウハウをトンネルの補修補強工法に活かしました。

湿潤な環境下での施工を可能にするとともに、覆工コンクリートとの一体化を確実にし補修補強後の目視点検を可能にしました。

マグネラインによる防錆工法は、鋼材表面に被膜を形成し、水と酸素と塩分を遮断します。併せて、マグネラインに含まれるセメント成分により被膜内をアルカリ化することで、鋼材表面に長期防錆層を形成し防錆効果を持続します。

RC(鉄筋コンクリート)造の構造物を同じ無機質系のマグネラインで補修します。鉄筋の錆止めと断面修復の作業を連続で実施し、防錆と防食の処理を施します。

施工事例

マグネライン表面被覆工


施工例遠景1


施工例遠景2

コンクリート構造物表面にポリマーセメント系モルタルを被覆し、コンクリートの中性化抑制、塩害対策をおこなったものです。

マグネライン断面修復工


床版橋下面


断面修復用モルタル埋戻し状況

ポリマーセメント系モルタルを使用し、露出鉄筋の防錆処理、およびコンクリート欠損箇所の埋戻しをおこなったものです。

コンクリート片剥落防止工RC床版補強


V220貼付け状況


PC桁施工事例

施工性が良好な2方向ビニロン繊維シートを接着し、コンクリートの剥落を防止するとともに劣化因子を遮断し、耐久性能を向上させます。

このページの先頭へ